ヘッダーを飛ばし本文へ

熊谷市歯科医師会について

 一般社団法人熊谷市歯科医師会は昭和8年熊谷市の市制制度施行開始と共に歩みをはじめ、平成25年(2013年)に創立80周年を迎えた県内でも有数の歴史を誇る医療団体です。

県北最大の歯科医師会として創立以来地域の公益法人としての医療機関として医療行政の一端を担ってまいりました。

現在診療所数97、実務歯科医師会員数110名を超える会に発展し市民の皆様にも「歯の相談室」を始めとする恒例年間行事も広く知られるようになって来ました。

会長挨拶

   「自分の歯で美味しく食べて 素敵な笑顔 健康長寿」

平井友久
会長 平井 友久

 ようこそ熊谷市歯科医師会のホームページへお越し頂きまして、ありがとうございます。

 本会は「医道の高揚、歯科医学及び歯科医術の進歩発展、歯科医療の普及 並びに公衆衛生の向上に関する事業を行い、地域社会の健全なる発展と社会 福祉の増進に寄与する」ことを目的として活動しています。

 私たち会員は、地域社会の一員として、そして皆様の「かかりつけ歯科医」 として、安心・安全で良質な歯科医療を提供できるよう日々努めています。

 たとえば、行政と協力し乳幼児歯科健診、学校歯科健診、成人の歯科健診 などの事業を積極的に行っています。また、平成29年度より3か年計画が始まった「熊谷市第3次健康増進計画」に対し、目標が達成できるよう体制を整えています。

 「人生100年時代」を視野に入れ、市民と行政と今まで構築してきたネットワークをさらに進め、主体的に地域コミュニティに参加することにより、皆様と価値観が共有できるよう事業を進めていく所存です。

 地域の皆様が生涯にわたり、食の楽しみを実感しながら、健康長寿で過ごせることを願っています。

 

一般社団法人熊谷市歯科医師会
会長  平井 友久      

 

役員構成

三役
左から六郷純也、植野順子、平井友久、
佐藤晴一、滝澤一文
会長 平井 友久
副会長

佐藤 晴一
滝澤 一文
六郷 純也

専務理事 植野 順子
監事 樋口 和夫
堀井 仁
理事 森 哲也
三橋 守泰
牛島 章雄
井上美智子
小沼 孝行
秋浜 博己
浅見 透

沿革

年号 県・国の動き 熊谷の動き
明治39年 歯科医師法公布  
41年 埼玉県歯科医師会設立認可 同会副会長に三橋鶴二(熊谷)
大正15年 歯科医師会令が公布
埼玉県歯科医師会発足 第1回総会開催

同評議委員に三橋鶴二、
理事に渡辺英一郎(熊谷)
昭和2年 健康保険法施行  
5年 第7回定時総会開催 県会長に三橋鶴二選出
共睦会(後の熊谷市歯科医師会 会員数16名)
8年   熊谷市市条例発足
会活動として虫歯予防の啓蒙ビラを配布
10年 埼玉県歯科医師会 第1回臨時総会開催  
16年 埼玉県歯科医師会支部規定改正
社会保険審査会規定公布
 
20年   8月14日 熊谷空襲
22年 第3次埼玉県歯科医師会改組
社団法人埼玉県歯科医師会設立
 
33年 国民健康保険法案成立
埼玉県歯科医師国民健康保険組合設立
 
52年   社団法人熊谷市歯科医師会設立
53年   母子健康センターにて休日急患歯科診療の開始
58年 東京ディズニーランド開園 創立50周年行事開催
平成4年   (社)熊谷市歯科医師会 県知事表彰の受賞
5年   創立60周年行事開催
7年 阪神大震災発生  
10年 長野冬季五輪開幕 休日急患診療所20周年
12年 介護保険制度スタート  
13年   IT推進委員会発足
15年   創立70周年行事開催
17年 最高気温40.9度を熊谷市・多治見市が記録 熊谷市・大里町・妻沼町と市町村合併
19年   江南町を熊谷市へ編入20万人都市へ
21年   熊歯健康フォーラム2009開催
22年4月1日   妻沼地区を熊谷市歯科医師会に編入
23年4月   ムサシトミヨ 「市の魚」に認定
24年5月 東京スカイツリー開業  
24年6月   妻沼聖天堂 国宝に指定
24年7月 ロンドン五輪  
25年   創立80周年記念事業実施
25年4月   社団法人熊谷市歯科医師会より一般社団法人熊谷市歯科医師会へ移行
25年6月 富士山 世界文化遺産に登録  
25年9月   創立80周年記念 「健康フォーラム」
25年10月   「熊谷市市民の歯と口の健康づくりを推進する条例」施行
25年12月   創立80周年記念式典
26年4月   熊谷市歯科医師会ロゴマークの商標登録
  • 歯科医院検索
  • 休日急患診療
  • 会員専用ページ
  • AED

ページの先頭へ