ヘッダーを飛ばし本文へ

お知らせ

熊谷市歯科医師会からのお知らせ・新着情報

お役立ちコンテンツ

口腔ケアはウィルス対策の武器となるか?!

ウイルス感染症と人類の戦いは今に始まったことではないが、新型コロナウイルスは、目に見えない敵であり、いま、人々は戦々恐々としながらその戦いに挑んでいる。この感染症との戦いで大切なのは、正しい情報に基づく予防行動である。

インフルエンザウイルスの人への感染メカニズムは、プロテアーゼという分解酵素が必須であり、このプロテアーゼを産生する細菌が口腔内に認められる。特に歯周病原細菌の中には、プロテアーゼを有するものがある。すなわちプロテアーゼ産生菌を口腔清掃で減少させることや唾液中の抗ウイルス作用で中和することは、インフルエンザ予防に一定の効果がある可能性がすでに報告されている。

 それでは、コロナウイルスには口腔ケアが効果的であろうか。重症急性呼吸器症候群ウイルス(SARS-CoV)の細胞への侵入経路は複数あり、プロテアーゼ依存的な細胞侵入を行う経路の存在も報告されている。インフルエンザの感染に特に重要なプロテアーゼと共通する点があるものの、コロナウイルスの感染性を口腔細菌のプロテアーゼが促進するという研究論文は現時点で見当たらない。

しかし、プロテアーゼがウイルスの侵入に重要であり、口腔清掃によるプロテアーゼ産生菌とプロテアーゼの除去や唾液によるプロテアーゼの希釈・中和作用を期待した口腔ケアは重要であると考える。
 口腔ケアは、歯科におけるウイルスとの戦いの武器として、ウイルス感染のリスク低減に寄与できるものと信じている。

 (槻木恵一・神奈川歯科大学副学長、同大学院研究科長、環境病理学教授)


上記のように多くのウイルス感染に口腔ケアが有効であるということは証明されています。(コロナウイルスに関しては、まだ時間的関係からエビデンスが得られてはいませんが)
よって、日常の口腔ケア(歯ブラシ、歯間ブラシ、舌ブラシ デンタルフロス、リステリンなど)をいつもより丁寧におこなうことが重要です。
(不幸にして感染した場合でも口腔内ケアのしっかりした人は重症化しにくいというデータはでています。)

最新情報

新型コロナウィルスは、口腔内のACE2受容体にくっついて細胞内に侵入感染すると論文発表されました
そのACE2受容体は舌の上に多く存在しているので、舌清掃が重要である
コロナウィルスは、粘膜から体内に侵入する
帰宅したら、うがい➡︎手洗いに加えて舌清掃が口腔粘膜・咽頭粘膜・鼻腔粘膜からのウィルス侵入を防ぐためにすごく有効的である。
ウィルスは、寝ている間に時間毎に倍々に増殖して数千億個まで増えた状態で粘膜から体内に侵入する
就寝前の口腔内の細菌数の母数を減らすために特に有効的なのは、寝る直前の舌清掃である
さらに最近の研究では、
新型コロナウィルスは、コロナ自体の肺炎に口腔内の細菌性肺炎(誤嚥性肺炎)を併発して重症化しているという事がわかっています

  • 2020年05月01日(金)

ページの先頭へ